Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

配線の位置替え

今日は、前々から仕事の予定だったのだが、急遽変更になって。。。。一気に暇に(・・;) 天気もいいし~走りに行くか!!!って思っても、もともと家に居るからって事で、我が家のスケジュールの組み立てになっていたので、自ずと家に居ないと不味い訳。ふつうこんないい天気だと走りたいんでしようけど、オイル派?オイルが流れてる派は、いじれる=(・∀・)ニヤニヤなんですよ。軽く汗ばむカラッとした気候。。。至福の時間ということ。
だったら磨く???って事で、先ずはGTIの虫落とし。。。画像はない(笑) もういま時期から、高速走れば虫のヒットは免れないからね。体液が塗装面に色々と悪さするし。。。そしてSRXとGTIの車庫位置替え。
そしたらSRXもやっちゃう??どうせ暇になったんだから。。。。って
IMGP1713_2014052418105073d.jpg
ぬるっとしたイヤらし感じになりましたよ。。。う~んまだお日様高いじゃんねぇ。。。。だったら以前からやりたかった、配線の整理と位置替えをすることにした。
オリジナルだと、フレームとタンクの間の左側はスロットルワイヤーで、右側がハーネス類です。だからスロットルワイヤーの邪魔にならないように、追加ケーブル類も右側にしてました。でもFCRにするとスロットルワイヤーは右側に来ます。そうなると一気に全てのハーネスやらケーブルが右側のタンクとフレームの集中。見た目にもぎゅうぎゅうで美しくない。
それに追加ケーブル類も、その都度の追加だったので、バラバラな感じです。
これを綺麗にするのが、今回のお楽しみです。
先ずは左側に移すケーブルを選定します。右側はもともとのオリジナルハーネスとスロットルワイヤー。左側へは、フロント部分からの追加アース線(メーターやライトのアースを車体に落とさないで、直接バッテリーへ導いてます。)、油温センサーのケーブル、16Vの配線、メーター関係の配線、スピードセンサーの配線、他です。
IMGP1714_201405241810513d4.jpg
各線途中ギボシ端子で接続されてますから、それを外せば位置替えは簡単に。。。。
でもスピードセンサーは。。。。う~ん今からカウル外して、ライト内の配線外しか。。。。(・・;)ちょっとなぁ。。。。
IMGP1715_20140524181053909.jpg
ということで、途中ぶった斬り。。。。(苦笑) 良い子は真似しちゃいけませんよ。
これチューブ内2線だったんですけど。。。。切ってからどっちがどっち?ってわからなかったら。。。。(・・;) めんどいなぁ。。。って思いましたが、ちゃんと分かるようになってました。当たり前ですよね。。。(苦笑)
IMGP1716_20140524181055f5c.jpg
しかし。。。線が細いから、やりづらかった。。。とりあえずハンダにて固定。絶縁テープ巻きで完了ですよ。ハンダでやってるんで断線は無いでしょうけど、仮に切れてもスピードが表示されなくなるだけなので。。。。
各々独立した配線を、先日調達した「コルゲートチューブ」でまとめます。
IMGP1717.jpg
一気に一本化ですよね(笑) スッキリして美しい。
IMGP1718.jpg
クリーナー部分から分岐させます。細いコルゲートチューブに変更。
IMGP1719_20140524181107508.jpg
この部分が、一番気になってる部分。。。。オリジナル配線だから。。。。ごちゃごちゃし過ぎです。
後々ハーネスは、自分でやり変えたいと思ってるから。。。その時にどうにかしないと。。。。
IMGP1721_20140524181109f52.jpg
右側はオリジナルのハーネスとスロットルワイヤー。分岐してるハーネス、1本向こう側したい。前オーナーが施工してるんだけど、上側のはこの部分から向こう側に行っても良さそうな気がする。
IMGP1722_2014052418111063d.jpg
全体像はこんなです。
IMGP1723_20140524181104579.jpg
コルゲートチューブを用いれば、各々をタイラップ/インシュロックで固定しなくてもよくなります。コルゲートチューブ自体が固定配管ですからね。自立?というか。。。芯が通った状態ですから、垂れたりしないからスッキリします。それに二輪の場合、左右にハンドルを動かすので、余裕をもたせますが。。。。タイラップ/インシュロックで固定しちゃうと、その部分で身動きがとれなくなります。でもこの方法なら、コルゲートチューブ内で動けるので、チューブ内全体で遊び長さを見込めば、ケーブルにも優しいと思います。上の画像で、コルゲートチューブから出たり入ったりって事ね。
IMGP1724.jpg
コルゲートチューブは、スリットが入ってるから、この様に途中で分岐出来ます。分岐は油温計センサーのケーブルです。
IMGP1725_20140524181122d49.jpg
とりあえず完成。
IMGP1728_20140524181118e3f.jpg
タンクを乗せてみました。
ガソリンのチューブとの取り合いが懸念されましたが、全くもって問題なし。 途中タイラップ/インシュロックを用いてないけど、フレームに載ってる状態だから問題なし。ケーブルがブランブランする心配もありません。
気になる事は雨中走行時に、コルゲートチューブ内に水が貯まるかも?です。スリットが入っていても、向きによってはスリットが下にならない場合があります。気になる人は水抜き穴です。。。。私は必要ありません。雨が振りそうな場合、SRXは走らせませんので。。。。(爆)

この作業を経理部長が見て一言。。。。今の仕事がダメになったら、コレで食べていけば?って。。。。(^_^;)
この作業で食べていける訳無いし。。。需要がないでしょう。。。(苦笑) まったく。。。。(^_^;)

とりあえず今日の作業は、これで終了です。途中の状態でそのまま。。。放置してます。
気が向けば明日続き気をしますよ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment