Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

Gemmaプラグ交換とエアクリ清掃

GTIに続いて、Gemmaのプラグ交換。ついでに2年経つのでエアクリの状態も確認することにした。
IMGP1840.jpg
色々と整備性の悪いと言われているGemmaだけど、プラグへのアプローチはそれほどでは無いんだよね。
IMGP1841.jpg
カバーを外せば、この通り~♪ でもプラグキャップが抜きにくいんだよねぇ(^_^;) 
IMGP1844.jpg
そこで前にも紹介したと思うけど、リピートタイの登場ね♪ タイラップ/インシュロックの繰り返し使える物。
IMGP1842.jpg
これを画像のようにして引くと、簡単に抜けます。そのままでも抜けなくはないけど、この方が雲泥の差で簡単に抜けますんで。。。。(笑)
IMGP1845.jpg
新旧の比較。特に問題になるような部分は見当たりませんね。実際調子良いしね♪
IMGP1825.jpg
これをついにというか。。。イリジウムプラグに交換です。純正ノーマルは二極タイプなんですけど。。。。イリジウムは一極です。さてさて。。。違いが出るでしょうか? まあ殆ど変わらないでしょうね。。。たぶん(^_^;)
IMGP1847.jpg
イリジウムプラグをはめ込んで、規定トルクで締め付けます。締め付けトルクは、11N・mです。プラグメーカーですと10~12N・mになります。スレッドコンパウンド使ってますが、トルク値が低いので11N・mにしてます。この数値。。。ほんとにコレでいいの?って感じですからね(^_^;) キャップをはめ込んで完了。コード部分のゴム部にシリコンを薄く塗っておきました。

ここまでバラすなら、ついでにエアクリの確認もしましょうか。。。。でもね流石スズキ。。。。
カバー外すのにこんだけネジをはずしますよ。。。いじめか!!!!って数ですね。
IMGP1852.jpg
それと後半部分はこの様に背の低いドライバーが無いと。。。。外せませんから~(・_・;)
IMGP1851.jpg
フレームが邪魔でになります。オーナーの方は常備しておきましょう(苦笑)
IMGP1853.jpg
あとこのエアクリ。。。。隠しボルトが(^_^;) 
IMGP1854.jpg
このゴムキャップを外すと。。。。中に1本ボルトが隠れてますので。。。ご注意を。
IMGP1859.jpg
外したフィルターです。見た目の色が湿式に見えますよね。。。。。湿式だそうですヮ(゚д゚)ォ! 触っても乾いてますけど。。。湿式だそうです。マニュアルに書いてありました(苦笑) 色的にはK&Nの湿式タイプのオイルを吹いたのに似てますけどね。。
画像ではわかりづらいけど、それなりに汚れてます。走行距離は少なくても空気がそんなに綺麗でないって事です。
軽くエアで清掃しておきました。汚れに関しては湿式なのに。。。清掃出来ません(^_^;) 汚れがひどい場合は、交換だそうです。まああと1年程度は大丈夫でしょう。本当はK&N等の湿式にしたいけど、マイナー過ぎてそんなものはありません。スカイウェイブのが応用できればいいんだけど。。。。検討項目ですね。
IMGP1860.jpg
ケース内です。白いのはセンサーです。
IMGP1863_2014060818130233c.jpg
ブローバイは画面に半円の穴みたいなのが、接続部分です。(穴はちゃんとした円の穴です)ちゃんと囲いされていて、オイルは囲いの外に出ないようになってます。ガスだけって事です。よく見るとブローバイのオイルは、一雫程度出てましたが、殆ど無視できる感じです。
IMGP1864_20140608181256ee7.jpg
フィルターをモトに戻します。このフィルターの周りのゴム部分にシリコンを塗布しておくと、はめる時や蓋を付ける時にスムーズに出来ますのでオススメです。
IMGP1865_2014060818131091f.jpg
他の吸気部分ゴム部分にもシリコン塗布しておきました。
もとに戻して、Gemmaは完了です。今月は年一回のオイル交換月ですから、暇と天気のイイ日にやりたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment