Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

今日の作業 3/12昼間編

緩まなくて悔しい思いをしたフロントフォークのキャップ。
ここまで来たのに、緩まないなんて。。。。悔しくて。。。ということで、フロントライト周りのカウルを外すことにした。よくよく考えると、殆どのパーツを外してるんで、結構簡単に外れる事に気がついた訳。初めての作業だから、結構弱気というか。。。なんというか、不安感だよね。もとに戻せるの???という。。。(^_^;) でもね。。。落とし穴があったんですよ、思わず設計者出てこいや!!!という作りに遭遇です。

このカプラーなんだけど、ご丁寧にカウルに固定ステーがあって、それに差し込まれているんですよ。

ああ。。これなら内装外しで。。。簡単に。。って思って、内装外しでやるんだけど、全く外れない。見てわかるようにといってもわかりづらいね(^_^;) 下からラッパ状態で無くて、上からなんですよ。だから内装外しを使っても全く取れない。それにこの差込口が車体中を向いてるし、奥にあるからよく見えない(-_-;) このカプラー構造を理解するまで、30分以上費やして、さらに三箇所あるんで外すのに30分。。。。。ヾ(・∀・;)オイオイ
IMGP4006.jpg
でもまあ。。。どうにかライト周りが外れたんで。。。。。。ばんざいー!!!!\(^o^)/
IMGP4013_201503121823112e0.jpg
これで心置きなくフォークキャップにとりかかれる♪ 見てわかるように、面倒くさがらず外した方が色々と便利で良いかも。あと結構力を入れるんで、ジャッキスタンドだと動いた時に危険なので、フロントタイヤをもとに戻しておいた。
IMGP4014_20150312182312e3f.jpg
それとコレを買っていたのを忘れてた。試しに使ってみることにしたよ。本来はボルト類を全体的に冷やしてなんだけど。。。まあ邪魔するものが無いので、全体的に吹きかけてみた。
あと画像はないけど。。。。今回使用するのは17ミリのヘックスにスピンナハンドルなんだけど、打撃で衝撃を与えるのは、軸部に良くないような気がした。せっかく17ミリってデカさなんで、メガネレンチをヘックス部分に入れ込んで叩いてみた。
以前と違って、心置きなく打撃ができる♪結構叩いたね。。。。でっなんか一瞬動いた気配が。。。。確認の意味で、スピンナハンドルに変えて動かしてみたら。。。。おっ!!!少し動いた。。。眼球に負荷を掛けない程度に。。。。。やったー\(^o^)/緩んだよ♪ これってラストブリザードのおかげなのか??? ならば反対側、いままでチャレンジしてない方は。。。やっぱり緩まない。。。。ラストブリザードを吹き付けて、こっちは打撃無しで。。。スピンナハンドルで緩めてみました。やっぱり駄目???ん??なんか動いたような。。。おお~緩んだ。 これでフォークオイル交換が出来る♪ 諦めないで良かった。
IMGP4017_20150312182325204.jpg
無事に左右共抜けました。キャップを外す時に、バネの反力があるんで注意が必要ですが。。。SRXよりかは全然弱いんで、ちょっと注意程度かな? あとフォークの位置というか、突き出し量とかは設定出来ません。ブリッジ差込部が凸状になっていて、フォークインナーとキャップで挟むようになっています。だから特に印付けは不要です。IMGP4019_201503121823204ce.jpg
SRXの時と同じに逆さ貼付けの刑です。
IMGP4015_20150312182306a7e.jpg
走行距離的にはそんなに走って無いんで、ちょっとドス黒い程度です。鉄粉も微妙にあるみたいですけど、SRXのに比べると綺麗なものですね。 距離は少なくても、製造時の2008年からもう7年なんで、変えて置くのがベストでしょう。
IMGP4016_20150312182323d3b.jpg
それといかにリアヘビーって事がわかる画像。。。。フォーク1本抜いたら、後ろに傾いたんで、一瞬焦りましたよ(^_^;) 現在リアタイヤとセンタースタンドで、自立してます。でもそれでは不安なんで、ジャッキをフレームに当てて、3点で支えています。

とりあえずフォークオイル抜くんでしばらくはこのまま。。。色々と散らかってたんで、一端綺麗に片付けをしました。
IMGP4018_20150312182327c0d.jpg
やっぱり作業環境は綺麗じゃないと。。。。ね。 さらに続きます。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment