Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

最適化2

先日も整備しましたが、うちの機関車は中古や、長期保管車がまだまだおります。ですので、残りの機関車も同様に分解整備しました。 まずは。。。。EF57です。初期モデルではありませんが、前オーナーさんがどの様な扱いをしていたのかは不明。

ちょっとスローでの動きがギクシャクしてるんです。ですから当然整備した方が良い訳で。。。。
IMGP6207.jpg
実はデッキ付きのEL機関車って、初めて分解しました。車体を外す前に、持ち場所の関係で。。。先に台車が勝手に外れてくれたり。。。(^_^;) まあどうにか。。。。
IMGP6206.jpg
他のKATO機関車と違って<中側に台車を入れるタイプなんですね。
IMGP6205.jpg
IMGP6204.jpg
よく見ると、ウォームギア部分に、グリスが塗布されてました。これはもともとメーカーさんがやったのか、前オーナーさんがやったかは不明です。1・2各エンドで、グリス量が違うし。。。 この部分も分解して、クリーニングです。
他の整備機関車と同様の事をして、完成ですよ。慣れてきたから、整備時間も結構短縮してます。
IMGP6214.jpg
以前も書きましたが、一度本線走行時の~このデッキに乗ってみたい。結構怖いと思うけどね(苦笑)
試走させて、動き始めのスローも良くなりました。集電部分が少し汚れてたので、その部分の改善で良くなったんでしょう。

2台目は、以前パンタの件登場したEF64-0の後期です。
IMGP6210.jpg
分解すると。。。至る所がオイルまみれ。。。。
IMGP6209.jpg
この爪穴部分からも。オイルが滲み出てました(-_-;) モーターを見ると。。。。
IMGP6208.jpg
モーター部分もこんなに。。。。(-_-;)  どんだけ注油してるんだよ~ですね。これも中古なんで、たぶん前オーナーさんが。。。。
IMGP6211.jpg
完全脱脂せず、拭き取る程度にしました。
この車両、以前EF81の台車の動きが渋くって書きましたよね。これも動き出しが必要以上に回さないと、動き始めない機関車でした。でも台車は激スムーズです。ということは、このオイルまみれが影響していたんですかね?
IMGP6217.jpg
テスト走行させても変わらず。。。これだとモーターですよね。内部部分を脱脂した方が良かったのかも? 後日考えてみます。

3台目は。。。。同じくEF64-0ですが、前期型です。
IMGP6212.jpg
これは長期保管です。でも確か新車購入だったと記憶してます。 後期と違って、オイルまみれとかにはなってません。
IMGP6216.jpg
これは特に異音等もなく、スムーズに走る機関車でした。施工後のテストでも、特に変わりなかった結構優秀なELです。

あと残ってるは、KATOのDD51軍団5両とDF50の2台。TOMIXはED75の3台とED61ですね。DD51の古株3両は、やったほうが良いかもしれませんので、暇見てやろうかと。。。DF50はEF64-0と同じ感じなので、とりあえずは現状様子見にします。TOMIXはどうしますかねぇ。。。。(^_^;)

そうそう。。。。機関車以外にも、電車も同じモーター車。こっちも古いのは、見てみた方がいいでしょうね。年始にでも見てみますか。。。♪

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment