Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

ジェンマのリコール作業

丁度良い具合に、仕事が無くなったというか。。。暇が出来たんで、ジェンマのリコール作業を行なった。

月曜日に作業位置へジェンマを移動させておいた。そうすれば暇な時間に作業出来るしね。。。って思ってたら、翌日に出来るとは(苦笑)
IMGP8540.jpg
本来はバッテリー/メインカバーを外せば、良いんだけど。。。。それだけでは済まない魔改造なうちのジェンマ。先ずはカムストックのライトカバーを外さないとね。
IMGP8542.jpg
ライトカバー外すと。。。。一気にファニーな顔つきに。。。(^_^;)
IMGP8541.jpg
この外したパーツの置場。。。。車を愛する人からすると。。。ちょっと(-_-;)って思うけど、これが一番安全なんですよね。車も大事だから。。。気を使うし。。。気を使ってる所にあれば、パーツも安全って事です。
IMGP8543.jpg
色々と外して。。。。ここまで来ました。当然電気関係の作業ですから、バッテリーの「-」端子も外します。まあある程度コツを掴んでるのと、時期的に暑いのでパーツ類も柔軟性があって、やりやすいです。 今回の交換パーツは、こんな所に付いてるんですけど。。。。。
IMGP8545.jpg
ヾ( ̄o ̄;)オイオイって言いたくなる設計。。。。なんでフレーム側に、ボルト頭を持っていってるんだよ。。。。画像左側のフレームとの隙間に工具を突っ込まないと。。。。。(-_-;) 普通外側にボルト頭を持ってこないか???? この辺がスズキらしい???んでしょうか(^_^;) 作業指導書を見るとボルトは普通に六角ボルト。見えないから手探りでやるけど。。。。ソケットが合致しないよ。。。指で触ってみると。。。。あれ?頭が円柱じゃん。。。。キャップボルトぽいぞ。。。。またこの取付トルクは、10N.m程度なのに。。。。キツく締まってるし。。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
IMGP8546.jpg
SUSの平座金組込のになってます。これって前回のリコールで変えたのかな?
なんだかんだブツブツ言いながら、外し完了~♪
IMGP8549.jpg
IMGP8548.jpg
新旧比較です。 作りの質は、今回の方が良いですね。
IMGP8550.jpg
旧型の型番???
IMGP8551.jpg
新型の型番??? こういう所で、なんか製造場所のレベルを感じるのは。。。私だけでしょうか?
IMGP8552.jpg
抜き差しは頻繁にしませんが、この部分に通電グリスを塗布すると、抜き差しがスムーズに(笑) 差し込む時も気持ち良く差し込めます。
IMGP8553.jpg
カプラーも保湿しておきました。割れ防止です。
IMGP8554.jpg
本体の取付固定も完了。締付けトルクが10N.mの指示ですが。。。トルクレンチ入らんし。。。(^_^;) 大体目安で締め込んでおきました。多分それでもオーバートルクかも。。。まあ抜けなきゃ良いんですから。。。。。
IMGP8555.jpg
HIDのバラストも、以前の位置が使えなくなったので。。。。でも新たにスペースが出来たんで、画像の位置に固定しました。
IMGP8556.jpg
メインカバーの取付。
IMGP8557.jpg
本来は外さなくても良い、ライト上カバーを戻します。余談ですが。。。。メインカバーは単体でも外せますが、このライト上カバーを外した方が、作業は楽だと思います。嵌めこむ時も同じくね。。。。
IMGP8558.jpg
IMGP8559.jpg
そしてカムストックのライトカバーも元の位置に。。。ジェンマ。。。。このライトカバーのスタイルが、絶対にカッコイイんですよねぇ。。。この顔つきだったら、売れてたかな?(苦笑) あとこのアシンメトリーなライトも大好きです。2灯スクーターでシンメトリーだと、両方点灯じゃないとカッコ悪いですよね。だからあえてアシンメトリーにして、片側点灯。。。。良い考え方です。
IMGP8560.jpg
バッテリーカバーを戻して、各部ボルト類ももとに戻して。。。。レバーやミラーも調整して締付け。。。完了。ナビブラケットも。。。これで取付類は、全て完了です。
最後に。。。。
IMGP8563.jpg
リコール対策のシールを貼ります。
IMGP8564.jpg
こっちは以前のリコールのです。
IMGP8562.jpg
ちなみにこちらも。。。実はリコール判別シールなんですね。白が今回ので、簡易判別の為のシールだそうです。本来のリコールシールはシートしたなんで、ここに貼って有ればシートを外さずに簡単にわかるって事らしい。。。。でもシート外すのって簡単なんだけど。。。。。(苦笑) これでジェンマのリコール作業は終わりです。時間にして4時間弱でした。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

スラマッパギ  

リコールを自分でやってしまうとは。(;゚Д゚)
ライトカバーかっこいいですね!

2016/08/03 (Wed) 08:14 | EDIT | REPLY |   

ぶ  

Re: タイトルなし

スラマッパギさん、こんにちは。

本来はお店に任せる作業ですよ(^_^;)お互いの思惑が一致しただけですから。。。。
でもやっぱり。。。。自分での作業は、楽しいですね。暑さ忘れます♪

カバーはカッコイイでしょ?ありがとうございます。

2016/08/03 (Wed) 12:40 | EDIT | REPLY |   

デューン  

冷却水の交換について

ジェンマメンテナンスでググってたどり着きました。
走行2000kmのホワイトを中古購入したものです。
リコールを自分でやるなんてすごいですね。
実はまだリコール持ち込んでないのですが、下手なショップに頼むとこの作業性の悪さですからカウルに傷がついたりボルトが飛ばされたりしないか不安で不安で近くに信頼できる専門ショップがないのです。自分でやるのが一番安心というのも実はあったりしますので参考になりました。
で、本題なんですがクーラントを交換したいのですがどこをどうやればいいのかわからずサービスマニュアルもないので困っています。可能なればご教示いただけないでしょうか?
厚かましくコメントしております。お許しくださいませ。

2017/04/29 (Sat) 08:19 | EDIT | REPLY |   

ぶ  

Re: 冷却水の交換について

デューンさん、初めまして、こんにちは。

整備に関してですが。。。。先ずご自分で作業されるのであれば、絶対にサービスマニュアルは、購入された方が良いです。私は素人整備ですから、絶対に必要なモノです。確かに高いと感じるかもしれませんが、情報を買うのですから、それに対して「対価」を出すのは当然の事です。あとパーツリストがあると、組み立ての全体像が見えるので、便利ですよ。
お店に出しての工賃が、マニュアルとパーツリスト代って考えると良いかも? 次回別作業をご自分でやられるなら、買った方がお得です。

それと。。。。。
1.まず失礼ですが、デューンさんの技量が不明ですので、どの程度まで教えれば良いのか。。。。
2.基本外装全外しまでは行きませんが、それに近い位に外します。なんだかんだやってると、「外して→交換作業→もとに戻す」だけで、自分の素人整備で結構時間が掛かってます(私も初めての作業でしたので)ですので、青空及び屋外整備ですと、中途半端な状態で、一夜を過ごす可能性があります。
とまあ。。。この辺が、気がかりなんですよ(^_^;) 冷却水交換は、普通のオートバイでしたら、問題無く1日も掛からないと思うのですが、このジェンマの場合は、外装を外す/戻す作業時間が、慣れてないとスゴイ時間が掛かるんですよね(^_^;) 

でも以下に流れを書いておきます。これで理解出来なければ、ご自分で作業されないほうが、良いと思います。
(以前の作業記事と、食い違ってるかもしれませんが。。。。(^_^;) / 転載禁止ですから、マニュアルはアップ出来ませんので)
1.バッテリー部分のカバーと、レフトレッグサイドカバー(左足置き部)、シート、シート下のカバーを外す。
(何処のボルトや、差込とか。。。膨大なので、省略します。無理ならマニュアル必須です)
2.ラジエターホースを抜いて、冷却水を抜く。
(汚れがひどい場合は、ラジエター洗浄/リザーバータンクからも抜く リザーバー抜きは、マニュアルには書いてないけど)
3.ホースをもとに戻す。
4.冷却水を規定の1700ml(リザーバータンクを除く)入れる。確か全量入りませんので、エア抜きしながらだった思います。
5.車体を垂直にする。
6.冷却回路から、エア抜きをする。以下の作業。
7.ラジエターキャップ注入口際まで、冷却水を入れる。(入れすぎると、エア抜き時にこぼれますから)
8.車体を揺さぶり、エア抜き。
9.エンジン始動して、注入口からのエア抜きを再度行う。
10.減ったら補充。この8と9の作業を繰り返す。
11.サーモ部分のエア拭きボルトを緩めて、冷却水が出てくるか確認。エアが出てきたらエアを抜く(全部外さないこと。ある程度緩めるだけで、冷却水とエアが出てきます)
12.ここからエアが出るなら、再度一連のエア抜きをする。
13.エア抜きをしたら、暖気と冷却を数回繰り返す。
14.リザーバータンクのFULLレベルまで、補充する。
15.再度各部の取付や、緩めた部分の締め付けを確認。
16.外装をもとに戻す。

※しばらくは、リザーバータンクの量は、注意して確認するようにしてください。実際問題、私は微妙に全量入りませんでしたので(^_^;)(^_^;)(^_^;)

一応この手順だったと思います。私はあくまでも素人ですので、何処か間違ってる部分もあるかと思いますので、参考にして作業をして、後にトラブルが発生しても、当方は責任を持ちません。ですからこの点を踏まえて、作業してください。

あと外装の傷とか。。。気になるんでしたら、自分で外装外して。。。。。作業だけショップに依頼するという、方法もありますよ(^_^;) 一応今回外した部分が無くても、走らせる事は出来ますからねぇ(苦笑) おまわりさんに止められる可能性はあるけど。。。。

とまあ。。。長文になりましたが、やられるなら頑張ってください。これからの季節は暖かいので、外装外しも柔軟に出来ると思いますよ。

2017/04/29 (Sat) 15:00 | EDIT | REPLY |   

デューン  

細かくご教示いただきありがとうございます。
やはりマニュアル必須ですか。入手するようにします。
DC付けたりバッテリ充電用の配線を追加したり、キャリアつけたりいろいろ
いじってきましたがとにかくカウル類の取り外しと戻しが大変ですよね。
クーラント交換は他のバイクでやっているので作業自体は問題ないのですが。
ドレンがどこにあるのかもわからないので困っておりました。
やはりかなり大掛かりな作業になりそうですね。まだまだ乗り続けるなら
手元に持っておくのは必要だと改めて思いました。
いろいろアドバイスいただきありがとうございました。
取り急ぎ御礼申し上げます。

2017/04/29 (Sat) 21:53 | EDIT | REPLY |   

ぶ  

Re: タイトルなし

デューンさん、こんばんは。

長く乗るならあった方が、絶対に良いと思います。できればパーツリストも一緒に♪

そこそこいじられていて、脱着もされてるなら、まあ大変さは理解してもらえてますね(苦笑)
確かにドレン。。。。わかりませんよね。私もパラした時に、実はマニュアル見ないで、ドレン探しましたから(^_^;)
まさかのホース抜きとは、思いませんでした。

それとせっかく左側外すのなら、ギアオイルも交換された方が良いかと思います。プーリーカバーを外すのに、ステップ部分のカバーが邪魔なんで、外しにくいんですよ。余裕があるなら、一緒にやった方が良いと思います。
2000キロと書かれてましたが、基本ジェンマは2008年生産だけだったと思いますんで、その時の生産車両でしょう。だから約9年前。。。それにギアオイル交換は、面倒なんで絶対に交換してないと思いますんで。。。。(苦笑)

もう1代で終わってしまった貴重な車両ですから、お互い大事にしていきましょう♪

2017/04/29 (Sat) 23:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment