Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

キハ40系全検

以前「ジャンパ栓」という記事で、8軸集電化をしたキハ40系。 あの当時は台車やモータークリーニングのスキルが無かったんで、行なっていなかったクリーニング。今回さらなるスキルアップと言う事で、電車/気動車系の分解整備を行いましたよ。

機関車と違って、イマイチ分解の仕方が難解。。。。(^_^;)でもどうにか。。。このへんは157系でやりましたからね。もうこの時点でモーターの動きが可怪しいと思っていたのが、違うことがわかりましたよ。。
IMGP8848.jpg
ホレホレ。。。。157系と一緒です。
IMGP8849.jpg
今回は両方ヒビが入ってました。もう簡単に取れてしまう。。。。スリップしまくりって事ですよ。だからなんかのキッカケで空転したりして、息つく感じだったみたいです。
IMGP8850.jpg
いつものモーター定番クリーニングです。
IMGP8851.jpg
無事に終了♪ 続いて台車のクリーンニング。
IMGP8852.jpg
予想通りの黒々。。。。。
IMGP8853.jpg
こつらもいつもの様に綺麗にします。
IMGP8854.jpg
接点グリスを塗っておけば、この様にくっつくんで。。。。。台車組み立ても簡単に出来ましたよ。
さて割れてしまった部品、接着でも良いんですが、ちょっと師匠から聞いた方法を試してみます。
IMGP8855.jpg
これを使います。これをこの様に。。。。。
IMGP8856.jpg
IMGP8857.jpg
はじめはこれでも問題無しでした。。。。非常にスムーズに走ってくれまして。。。。。

尚且つ。。。。モーターも静かになりまして、こりゃ~上手く出来たと自負してました。。。。でもですねぇ。。。。。直線は良いんですよ。。。。カーブも曲率が大きければ良いんですよ。。。。。でもねうちのローカル線のR-282に突入すると。。。一回停まるというか。。。。減速します。というのは。。。。
IMGP8895.jpg
右側てください。左右でシリコンチューブの長さが違うでしょ? 初めてなんで、大体こんな感じ?って適当な長さにしちゃったんです。
IMGP8896.jpg
でも台車が曲がるとシャフトが、チューブ内径に擦って、抵抗になって減速というか。。。引っかかる?擦れるというか。。。まあそういうことなんですよ(本来長い方の画像が良いんですけど、ピンぼけでして。。。(^_^;))
IMGP8897.jpg
シャフトが擦れないように、ギリギリの位置の長さにカットしました。これである程度スムーズに走るようになりましたよ。
あとカプラーを交換してるんですけど。。。。。R-282はギリギリ(^_^;)
IMGP8907.jpg
IMGP8908.jpg
実車じゃありえん事です。まあ模型なんで、ギリギリ隙間があるんで、良しとしましょう♪
さらにこれは8軸集電ですから。。。。付随車側の台車も綺麗にしないとねぇ。。。。
IMGP8899.jpg
やっぱり汚い。。。。(^_^;)
IMGP8900.jpg
こちらもいつもの様にクリーニングして、綺麗なりましたね。軸部には、接点グリスを忘れずに塗布してます。
そして完成♪
IMGP8901.jpg
IMGP8902.jpg
IMGP8903.jpg
今回は接続コードを、ちゃんと黒く塗りました。これで随分違って見えますよ。 
中古の古株車でしたが、今回のクリーニングで、凄く静かでスムーズな走りになりました。通電も大事ですが、やっぱり各部の汚れ落としも大事ですね。まだまだ現役でイケそうです♪

ではいつも下手な動画を。。。。暗い色じゃないんで。。。。それなりに見えます(苦笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment