Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

レイアウト進捗状況 1/8

日曜日。。。。。寒かったですね。
IMGP9567.jpg
地下は12度です。意外にも1階の方が寒かったり(^_^;)
さて走らせられる様になった、当レイアウトですが。。。。。まだ電気配線、ポイントの電動化が残ってます。
IMGP9568.jpg
組端子とポイントスイッチとの配線接続を完了させました。 続いて。。。。。通電確認と電圧降下の確認です。
IMGP9572.jpg
今24個のポイントスイッチを設置してます。左側のアクセサリーアダプターを用いて、安定化電源より12V供給してます。一番右のスイッチで、どのポイントまで動かせるかを実験です。 対象は4号と6号の単独ポイント、4号ポイント2つの同時稼働(これは複線レールの渡り線ポイントです)、6号ポイント2つの同時稼働、クロスポイントの4種類です。
IMGP9571.jpg
配線は、コントロール部より一番遠い所までの長さとします。約3m弱ですね。
IMGP9569.jpg
一番右のスイッチの組端子と接続させます。
結果。。。。。
4号と6号の単独ポイント  → 問題無く動きます。
4号ポイント2つの同時稼働  → 無反応 全く動きません。
6号ポイント2つの同時稼働  → 動きますが、時々切り替えが出来ない時がある
クロスポイント  → 無反応 全く動きません。
面白いのは、電気条件は同じなのに、単独ポイントを同時稼働のは、とりあえずは動くのに、渡り線4号ポイントの方は、全く無反応だということ。こっちの方が結構作動抵抗が大きいんですかね?
IMGP9570.jpg
続いてアクセサリーアダプター側/一番左側のスイッチと接続してみます。こちらは当然、全て問題無く稼動します。 
この結果右側に単独稼働のポイントを持って行き、左側に同時稼働させるのにすれば、アクセサリーアダプターの追加無しで行けそうですね。

IMGP9573.jpg
それと各所試験走行を行ってるんですが、EF62を待機させてたこの4号ポイント(画像一番上)。。。。。なんか通電不良気味で、手動で動かした後に通電の切り替え不良??スイッチが入らないので、機関車が動かないという。。。。。(^_^;) 何度かガチャガチャと動かしたら、通電しました。まあこの4号ポイントは、古株なんで内部に問題有りなんでしょうね。後日分解してみます。

それと動画のお時間です。今回は。。。。。。

ヤード部分の電圧降下対策した所の動画と。。。。。。。

ポイント連続部分の電圧降下対策した所の動画。。。。。

ヤードは片側の極のみ追加フィーダーしてるんですけど、何も追加してない状態とくらべて、明らかに効果はありましたね。よくよく気にして見てると、微妙に減速してる感じはありますが、神経質じゃなければ気にならないレベルです。でも自分としては気になるんで。。。。。追加してない側/ポイントでON/OFFする側に、銅線接続して手前と奥の差を無くす?事をしてみようと考えてます。ジョイント接続をあんまり信じてないというか。。。。。(^_^;)
あとポイント連続。。。。こちらもポイントによる電圧降下があるので、出入口部と中間部の計3箇所フィーダー入れてます。
以前のレイアウトでも、真ん中に行き止まりヤードで長いヤード線と連続するポイントを設置してました。一番最初の所にフィーダを設置しただけでしたから、奥に進むにつれて段々と減速していくという。。。。まあ終着ですから減速は良いんですけど(^_^;)
今回の対策はバッチリ。どちらも安定した定速で走ってくれましたね。過剰過ぎるフィーダーと、当初は思ってましたが。。。。過剰すぎて良いんだなぁ。。。。って思います。安定した走りを考えるなら、小レイアウトでも複数入れた方が良いと思いますね。最低でもレール10本で1箇所かな? ポイントがあるなら、もっと間隔を短くする方が良いです。 過剰な追加フィーダー。。。オススメです♪

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment