Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

ご苦労様クリーニング

レイアウトでのテスト走行で、ちょっと走行が怪しくなって(クリーニング不足)きた車両の分解クリーニングと、一部組み立てトラブルだったのを、元に戻す作業をしました。 CSXは、別記事にて。。。。
IMGP9644.jpg
先ずは叡山電のきらら。 これは何故か酷使?したにも関わらず、安定走行を保ってます。結構優秀ですね。8軸集電のおかげがどうかは、不明ですが。。。。。車輪クリーニングだけにしておきました。だから画像なし。

続いて一覧の中に居ない。。。。クリーニングカー。
IMGP9646.jpg
これもなんかモーターの回転がギクシャク気味なんで、分解してクリーニングしました。特に焦げ焼けみたいな箇所はありませんでしたが、吸引してるんで。。。。ホコリ等ですね。 それを除去して綺麗にしました。思ったんだけど。。。。バキュームのみの使用だから、もう少し自重を軽くしても良いのかな?って思ってます。
IMGP9647.jpg
せっかく綺麗にしたんで、これでワックス掛け。。。。スロットカーで使ってたのです。結構車体が痛むんで、コンパウンドとコレを使ってボディメンテしてたんですよね。今は走らせてないし。。。。鑑賞のみなんで、使ってなかったんだけど。。。使ってみました。
IMGP9648.jpg
綺麗?になりましたかね???(^_^;)

続いてはクリーニングカーの相棒の件。。。。。
IMGP9645.jpg
前回メンテして、台車カバーを取付られなかったED61。一枚目の画像の状態で、ちょっと冷静になってから。。。作業ということで、今回やってみました。結論としては。。。。。。言葉で説明するのは難しいのだけど。。。。組み方等は問題なし。ちゃんと完成する片側の台車と部品交換しても、片側の完成する方に部品を持っていけば、問題無く組み上がります。ということは台車の根本となるフレーム/ギアが取り付いてる所ですね。ここが可怪しいみたいです。それも前側の車輪を取り付けると、化粧カバーも取り付かず。。。車輪も回らない。だけど前側の車輪を外して組み上げると、問題無く組み上がります。この前側車輪を取り付けるフレームに難があるみたいです。そしてどうしたかと言うと、先ずは動輪のギアが、化粧カバー部から露出してる部分。これがなんと引っ掛ってるというか。。。穴位置が合ってない。。爪に噛み合って無くても、実はカバーが取り付く位置が実はありまして。。。どうも購入時はその位置だったみたいです。それだと走るんですよ(^_^;) でも注意深く見ると、台車カバー自体が水平でないという。。。。でも言われないとわからないレベルです(^_^;)それをちゃんと爪を合わせようとすると、ギア穴とギアが合わなくて、組み込めなかったという。。。。なぜそれに気がついたかというと。。。カバーを取り付けてもちゃんとしてれば、動輪に遊び(左右に動くんです)があるけど、問題の動輪は全く動かないんですね。試しにカバー穴を拡大してみると。。。。。ちゃんと組み上がるし(^_^;) まあとりあえずは完成。。。。。。
IMGP9676.jpg
久しぶりのコンビ走行。。。。。お互い好調な走りと動き。。。。もとに戻ってよかった。一番走ってる車両ですからねぇ。。。。

IMGP9670.jpg
ED14はちょっと失敗パターン?ギアグリスが多過ぎたせいで、台車集電板にそのグリスが流れてしまって、集電不良になってしまった(^_^;) もう少し量を考えないと。。。。ですね(^_^;) 余分な分を拭き取って、板をクリーニングして完成。

ED42は、車輪クリーニングのみで終了です。  とりあえずクリーニングする車両。。。。完了しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment