Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

CSX SD40-2入線整備

もうどっぷりとアメリカ沼にハマってます。。。。そんなお気に入りのSD40-2ですが。。。。。ついつい走らせてしまっていて、入線整備してませんでした。。。。それと走らせるとなんかカチャカチャ音がするんですよね。。。長期保管車でしたし。。。。分解して整備することにしました。今後増えるであろう???(^_^;)アメリカ型の機関車に慣れる意味も。。。。(^_^;)
IMGP9650.jpg
分解ですが。。。。。先日の記事であげていた動画。。。。これのおかげで楽勝でした(苦笑) なんでも初めてのモノは。。。緊張しますよね。
IMGP9651.jpg
ボディとステップは、これを見る限り爪で付いてるだけみたいですね。
IMGP9652.jpg
IMGP9653.jpg
IMGP9654.jpg
IMGP9655.jpg
ダイキャストは、通電の為に使ってるんですね。 ボルトでの合わせダイキャストも。。。なんか懐かしいというか。。。。
IMGP9656.jpg
最新の爪タイプのに比べると、簡単に外せるし。。。これは好感もてますよ。。。。
IMGP9657.jpg
モーター周り分解しました。。。。。台車は合わせボディだったので、引き抜きはしませんでした。
IMGP9661.jpg
IMGP9659.jpg
これを見る限り、差し込み型状にの爪にはなっていますね。
IMGP9658.jpg
この辺は一世代前??ですかね。。。。。
IMGP9662.jpg
台車は3軸なんで、2軸よりは外しづらい。。。感じとしては、矢印の付いてる反対がの方の爪から攻めると、外しやすく感じましたよ。
IMGP9663.jpg
お決まりの軸受焦げ。。。。そんなに走らせてないんだけどね。。。。真ん中は、焦げてませんね。。。。。
IMGP9665.jpg
IMGP9666.jpg
IMGP9667.jpg
2つの台車。。。全て綺麗にしました。 軸受には、タミヤ接点グリスですが。。。。以前の65のトラブルの件があったので、薄っすらと塗りだけにしました。でもタミヤのこのグリスの説明だと。。。。。
「激しいスライドを繰り返すRCカーの機械式スピードコントローラーに最適なグリスです。発熱しても流れにくいので、接点にたっぷりとつけてください。動きをスムーズにするのはもちろん、接触不良を無くし、さらにスイッチの寿命も延ばします。」
だからスロットカーのコントロールに使ってたし。。。。軸受けもこの説明に当てはまると思ったんですけどねぇ。。。。(^_^;)
IMGP9668.jpg
あと6輪全て。。。。よく見ると全てこの状態。。。これだとある意味キツキツ???ですよね。それともしかしたら、これがカチャカチャ音の原因???かもしれません。 キチンとはめ込んで、台車を組み立てました。
IMGP9669.jpg
普通に組み立てて、完成ですよ。なんかねぇ。。。沼にハマっているから、贔屓目じゃないけど。。。。。色んな意味でこっちの方が、今世代やこの前世代の日本型より、整備し易いと感じましたね。
IMGP9673.jpg
IMGP9675.jpg
そして試走。。。。。カチャカチャ消えました(苦笑)やっぱり動輪の間隔が広かったせいで、フランジ辺りがジョイント部分と接触かなんかで、音を出してたみたいですね。 新品でも整備が必要だと痛感しました。 動力整備が終わったら。。。。今度はカプラー問題なんですよね。。。。ちょっとこれはアメリカ型特有の問題みたいですね。。。。対策してみますよ。 しかしカッコイイねぇ。。。。。
あっ。。。国産嫌いになった訳ではないですよ(^_^;)  でもどっぷり浸かってますよね。。。。。何故かと言うと。。。。まあこれは後日のネタにしておきます(^_^;) お楽しみに。。。。。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment