Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

176-8201 SD40-2 ATSF #5058

一気購入機関車の個別紹介第七弾は、EMD製のSD40-2 これが最後???えええ。。。実は最後じゃないんです(^_^;) 追々続きます(^_^;)(^_^;) もう止まりません。。。。。
IMGP9763.jpg
IMGP9764.jpg
IMGP9765.jpg
IMGP9766.jpg
IMGP9767.jpg
IMGP9768.jpg
ウィキペディアより
EMD SD40-2は、1972年1月から1986年2月の間にアメリカのGM-EMDが製造した6動軸の電気式ディーゼル機関車である。
従来のSD40の発展形としてDash 2シリーズのコンセプトを取り入れており、モジュール化された電子式制御システムやHT-C形台車の採用など、数多くの改良が加えられている。車体形状はフード・ユニット、軸配置は3軸台車のC-C。搭載するディーゼルエンジンの出力は3,000馬力(2,240kW)である。
その経済性と信頼性の高さからアメリカ合衆国とカナダを中心に多くの鉄道会社が導入し、輸出車を含む約4000両が生産された。

機関は「EMD 16-645E3」 3000馬力

製造年 1972~1986

ATSF
アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道( Atchison, Topeka and Santa Fe Railway ) 略称はサンタフェ鉄道
1859年~1996年
1996年12月31日に運営を終了し、バーリントン・ノーザン鉄道と合併してバーリントン・ノーザン・サンタフェ鉄道(2005年に改称してBNSF鉄道)となる。

形式にあるアルファベットの意味は、下記の通りである。
SD - 3軸台車を装備する、6動軸の機関車(Special Duty)

実機画像が全く見当たらない。。。。(-_-;) 5059号機もかろうじて見つけた程度。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment