Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

176-6307 SD70MAC CSX #727

個別紹介第九弾は、EMD製のSD70MACです。 これは第二弾で紹介したBNSFと同一機関車です。
IMGP9849.jpg
IMGP9850.jpg
IMGP9851.jpg
IMGP9852.jpg
IMGP9853.jpg
IMGP9854.jpg
ウィキペディアより
SD70MACは単に「Mac」あるいは「Mac70」とも呼ばれ、SD70MやSD70Iによく似た外観を持っている。ウイスパーキャブもオプションで用意されている。前述の形式との大きな違いは、主電動機に交流電動機を使用していることである。直流電動機よりも構造が単純で信頼性が高いが、高価な周波数変調用インバータを必要とした。
SD70MACの多くは4,000馬力(2,980kW)の出力を持つが、後期に製造されたものは4,300馬力(3,210kW)であり、フレア形ラジエターを装備する。一部には旅客列車暖房・電源用の発電システムを搭載する。
1,500両以上が製造され、バーリントン・ノーザン鉄道(BN。現BNSF鉄道)、コンレール(後にCSXが承継)、CSX、カンザス・シティ・サザン鉄道(KCS)およびカンザス・シティ・サザン・ド・メキシコ(KCSMまたはTFM)、アラスカ鉄道に納入された。
EPAの規制により既に製造は終了しており、後継車種のSD70ACeに移行している。

機関は「EMD 16-710-G3」 4300馬力

製造年 1992~2005

CSX
CSXトランスポーテーション / CSX Transportation Inc.
1986年~

形式にあるアルファベットの意味は、下記の通り。
SD - 3軸台車を装備する、6動軸の機関車(Special Duty)

末尾のサフィックスの意味は、下記の通りである。
AC - 交流発電機を搭載する(Alternating Current)
B - Bユニット(Booster)
M - セーフティー・キャブを装備
P - 旅客用。蒸気発生装置を搭載する
T - 長大トンネル対策車。吸気口がランボード付近にある
セーフティー・キャブと交流発電機を搭載していると言う意味。

実機画像
2102260548_9d7e61b97c_b.jpg
N903 CSX 727 2-27-2007
csx727amr.jpg
意外と少なかった実機画像。。。。。
それと所有車両C44-9W BNSFとかぶりましたね(^_^;) まあ向こうはGE車ですし。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment