Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

176-4354 NW2 SP #1315の全検

SD40-2の全車分解整備が済んでないのですが、どうしての他の形式の動輪がどうなってのかが知りたくて、一番車輪が汚れいた板NW2の分解整備を先にしてみた。あとこのボディで、どの様に動力を伝えているのかも気になっていたのでね。。。。。

早速新たな作業場所での、分解整備第一号です。けどこのボディ。。。。どうやって外すんだろうか。。。。(^_^;) KATOUSAのページにも分解手順出てないし。。。。。。なんとなくですけど。。。。たぶん単純に押し込んではめてるだけっぽいんですけどねぇ。。。。。だからグイグイってやれば良いんですけれども。。。。。
IMGP0263_20170215174008a04.jpg
このねぇ。。。精密な手摺が気になって、あんまりキツく掴む気になれないんですけど。。。。(^_^;) でもこの手摺に注意しつつ。。。。グイって引っ張り上げたら。。。。。
IMGP0262_20170215174006a34.jpg
やっぱり外れましたよ♪ 

外した直後の画像はないんですけど。。。。。(忘れてた(^_^;) 色々と悩んでましたから。。。。)
そしてLEDを外すんですが。。。。その前にモーターにこの様に取り付いてる金属板を。。。。
IMGP0264_201702151740093e6.jpg
精密ピンセットを使って外します。
IMGP0265_20170215174011bbc.jpg
コレ。。。精密ドライバーでこじっても外れそうですけど、絶対に精密ピンセットで掴んで外した方が良いと思います。はめる時も絶対に必要だろうし。。。。
IMGP0278_2017021517400133a.jpg
それにしても、予想に反するモーター位置ですねぇ。。。。端にモーターが来てるって事は、モーターの片軸だけで、両方の台車を動かしてるんですね。なんかねぇ~今までに無いパターンで、ちょっと((o(´∀`)o))ワクワクしますよ♪
IMGP0266_20170215174012db2.jpg
そして分解。。。。。あっ。。。一気に工程が進んでしまいましたね(^_^;) モーターと台車でしたね。
IMGP0277_20170215174029f3b.jpg
今までに見たことのない方法ですよ。。。。。。
IMGP0267_20170215174014593.jpg
よくもまあ。。。考えますよねぇ。。。。流石です♪
台車も分解。。。。。
IMGP0276_20170215174027cc6.jpg
集電版の横の出っ張りを押し込めば。。。。
IMGP0275_201702151740268c2.jpg
下のギア一体のカバーが、外れてくれます。 全開のSD40-2のミッドの台車と同じ様な構造ですね。
IMGP0268.jpg
こんな感じに、台車部分も分解出来ます。
では早速動輪ですよ。。。。隙間はどうなってるか???
IMGP0270_20170215174018056.jpg
やっぱり。。。これが本来の正しい状態ですよね。単にはめ込み不足って事ですよね。 それにても走行痕が目立ちますよね。早速クリーニングです。
IMGP0271_201702151740202e1.jpg
上がクリーニング後
IMGP0272_20170215174021f77.jpg
左がクリーニング後です。
IMGP0273_201702151740231c7.jpg
いままでクリーニングしてきた中で、これだけクリーニングクロスを汚したのは、初めてですよ。どんだけ汚れてるんだ。。。。
集電板は、どれだけ汚れてるのかな?
IMGP0269.jpg
って、見たら。。。。意外と綺麗だったりします。ここが汚れる理由は、何が原因なんでしょうね?????
今回も接点復活王を使って、クリーニングメンテします。
IMGP0274_20170215174024be3.jpg
クリーニング後は、台車組み立て。。。。。全て終えたら。。。。ボディを乗せて完了です。
IMGP0279_201702151740028ea.jpg
IMGP0280_2017021517400319e.jpg
IMGP0281.jpg
その後のテスト走行も、問題無くスムーズに走ってくれました。車輪が汚れていて、反応がちょっと鈍い感じだったんですけど、今回のクリーニングで反応も良くなりましたよ。 まだまだ沢山未整備機関車が残ってますから。。。。頑張ってクリーニングしないとねぇ。。。。。(^_^;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment