Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

#1015カプラー取付作業 SD70ACe/MAC(CSX)編

週末雨模様。。。地下に篭りました(苦笑)

以前購入して内職した#1015カプラー。これを取り付ける作業をしました。
IMGP9748.jpg
今回は、「SD70ACe CSX #4842」と。。。。。
IMGP9851.jpg
「SD70MAC CSX #727」の2機に取り付けてみたいと思います。お気に入り機なんで、当然最初に。。。。(^_^;)でもトライアンドエラーの可能性も秘めている訳ですが。。。。(^_^;)
ちなみにSD40-2に取り付けるのとは違い、要加工作業になります。
色々とネットで検索してみたんだけど。。。。。アメリカ型のDL機関車加工している人はいらっしゃるだろうけど、わざわざブログ等にアップしている方は見当たらず(検索の仕方が悪いのかな?(^_^;))。。。。
でも先日ネット徘徊していた時に、某販売店さんのページで「カトーUSAやマイクロトレインズでは#2004を指定していますが、実はこれを使うと規定の高さよりもナックル半分上がってしまうのはここだけのヒミツです。
それを補正するには、スカート等に開いている穴の下辺左右の角を削って、穴をきちんとした長方形に整形した上で1015-1を使用すると正しくなります!」と、書かれていました。
IMGP1159_20170409223146edd.jpg
これは#2001ですけど、上がっちゃってますよね。
でもSD40-2系は、#2004/2001で適正な高さですから、ちょっと言葉足らずですよね(^_^;)
IMGP1157_201704092232137b7.jpg
この様に適正高ですから、SD40-2系は素直に#2004/2001を使いましょう♪

出っ張りについては、確かに以前検証した時に。。。。
IMGP0901.jpg
この様に開口下入隅に、出っ張りがあります。これを削ってもそのままじゃ#1015は、入りませんよ。だって~開口寸法よりカプラーギアボックスが大きいんですから。。。。入りません(-_-;) コンマ数字の世界ですけど、デカイものはデカイと。。。。だから削らないとねぇ。。。。。とりあえずどんなになるのか? 左右の出っ張りを削らず試してみました。 軽く上側を削って真ん中に入れてみれば、高さの関係はわかりますよね?
IMGP1137_201704092231479f9.jpg
IMGP1138_20170409223149076.jpg
IMGP1139_20170409223150f93.jpg
やっぱり。。。。。(^_^;) まあ以前実測したDL機の天端高と、#1015の取付指定天端高が違ってるんで、下がるだろうって思ってましたから。。。。でもこれなら、ギアボックスの天端側を更に削ってあげれば、高さがこれより改善しそうですね。
「この程度なら良いじゃん?」って思うでしょ? せっかくなら合わせたいじゃないですか。。。。(苦笑) でもこの後、無理にでも合わせないといけなくなるんですよ。。。。。(-_-;)

このままでは取付が出来ないので、開口下部の出っ張りを削ります。 初めヤスリでゆっくり。。。って思ったら、手持ち最小の平ヤスリが開口の幅より気持ちデカイ。。。。。orz 棒ヤスリでは変形しそうなんで。。。。ナイフでゆっくり削っていきました。
IMGP1145_20170409223156340.jpg
前側~
IMGP1147_201704092231594c6.jpg
後ろ側~
う。。。ん。。。。目が悪いって。。。。(-_-;) 困りますね。。。。。(-_-;)

次にカプラーギアボックスを削ります。。。削っては試して。。。削っては試して。。。
IMGP1140_201704092231521d3.jpg
IMGP1146_201704092231585cc.jpg
リアはまだまだですねぇ。。。。。(^_^;)
その時にカプラー留め具で、試しに留めてみたんですよ。。。そしたらですねぇ。。。その留め具で固定が出来ない。。。。(^_^;) 「あれなんでよ????」って、調べてみると。。。。。
IMGP1152_20170409223205972.jpg
カプラーギアボックスデカイ。。。。ですよねぇ。。。以前実測していて、大きいの知ってるじゃん(苦笑)
※このカプラはー、無加工品です。
ちなみに#2004だと。。。。。
IMGP1154_2017040922320825a.jpg
天端レベル一緒ですよ。。。これじゃないと留め具で留めることは不可能です。だったら留め具を使わず、付属のネジで固定する?えええ。。。試しましたよ。でも穴の位置とスカートが近い為に、ネジ頭がスカートに当ってしまい、奥まで入っていきません(^_^;) 流石にスカート裏を削ってなんてしたくはありませんので、付属のネジを使うのをやめて、もともとの留め具を使うことにしました。
何処まで削れば良いのか。。。。
IMGP1153_20170409223207eb9.jpg
ここまで削りました(^_^;) もうギアボックスの蓋がペラペラですよ。ギリギリ蓋が固定されてる状態です。実は今回4つ加工したんですけど、一つは削りすぎて、蓋取れましたけど。。。。はめ込んでしまえば、問題ないんで。。。。見なかったことにして、そのまま組み込んでます(^_^;)
流石にここまで削れば。。。。固定はOK!!!高さも。。。。。
IMGP1150_201704092232024f1.jpg
おおおお素晴らしい。。。。 リアは。。。。画像がない(^_^;) すいません撮影忘れです。でも。。。。他車との連結画像が。。。。
IMGP1155_2017040922321042f.jpg
IMGP1162.jpg
リアはあまり上がらないというか。。。もともとのレベルが、前側より低いのかも知れません。カプラーの固定差で下がってるのかも?って思い、入れ替えてみたけど変わらずですから、低いと思います。たぶん。。。。(^_^;)
前側の他車との連結ですが。。。。。
IMGP1156.jpg
IMGP1160_201704092232361c6.jpg
貨物とはどうでしょうか???
IMGP1148_201704092232012ac.jpg
うっ。。。低い? でもこれ以上は。。。いえいえこれは貨車が高くなっちゃってる(以前記事にしましたね) ならいいですね(^_^;)
IMGP1141_20170409223153678.jpg
ホッパー車とは???これも良いですよ~♪ ちなみにアレ?って思われる方。。。居ないでしょうね(^_^;) これカプラー交換してまして。。。後日記事としてアップしますね。

結果として、#1015を取り付ける場合。。。。。。の、加工内容です。思うに初心者さんというか、慣れてないとハードル高い気がします。ですから、真似て施工して失敗しても、私は責任を持ちませんので。。。。自己責任でお願いしますね(^_^;)
◯開口下部の出っ張りを削る。
◯カプラ-ギアボックの左右と下側のバリや不陸を調整する。結構波打ち有りですから。。。。
◯カプラー上側をトコトン削る(苦笑) この削り量ですけど、何度か高さを合わせてみて、調整してください。具体的な数値は不明です(^_^;) 
別の方法として、機関車側のスカート部開口の上側を削っても良いのですが、スカート自体が正面から見えるので、綺麗に削る自信が無いので、カプラーギアボックスを削る事にしてます。それとスカート削るの失敗すると、代品を探す方が大変ですよね?カプラーなら代品可能でしょ? だからカプラーを削った方が良いと思います。 
この結果を踏まえて。。。。SD70MACも同様の作業をしてみました。。。。結果ですが。。。。
IMGP1166_20170409223239a31.jpg
前側。。。。良いですよ♪
IMGP1170.jpg
やっぱり後ろ側は低いんだ。。。。って感じですよね。 ACeと連結させてみます。
IMGP1168_2017040922324153a.jpg
同じ高さですねぇ。。。ということで、前側より後ろは開口天端が低いみたいですね。もうこれは製品の特長という事で。。。(苦笑)
IMGP1172_20170409223229b83.jpg
IMGP1173_20170409223230bf6.jpg
IMGP1174_20170409223232ccd.jpg
貨車では気にならないレベルですから、これで良いでしょう??? それに後側は、機関車同士が殆どの重連ですから、前側がピッタリなら良いんでは無いかと。。。。(^_^;)

それにしても。。。。あと何機残ってるんですか??? 7機。。。14個の加工ですか。。。。。まあ気が向いたらやりますかねぇ(^_^;)

それでは記念撮影。。。。。
IMGP1176_20170409223233b02.jpg
IMGP1177_20170409223235f2a.jpg
いい感じですよねぇ。。。。。(・∀・)ニヤニヤ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment