Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

新しいスマホ購入~開封・セットアップ編

早速届いたスマホ。。。。。開封です。
IMGP1616.jpg
simもサイズが違うので、新たに届きました。 9日の夜に申し込みして、翌日10日審査OKの知らせ。そして11日の夜に、端末発送のお知らせが来て、12日のお昼に到着でした。 そしてケースもそれに遅れること2時間位で、届きましたね。アマゾン相変わらず早いな(^_^;) ヤマトさんご苦労様です。
先にケースを見ましょうか。。。。。
IMGP1621_2017051222383928f.jpg
あの。。。。。包装というか、箱というか。。。。立派です(^_^;) 
「【IVSO】Asus Zenfone 3 ZE520KLケース 専用 ハードカバー スマホケース PC + TPU ファッション スタンド機能が付き」
PCはポリカーボネイト、TPUは熱可塑性ポリウレタン。。。ゴムみたいなプラスチックといいますかねぇ。。。
これ以外の似たようなデザインの製品は、ブログ等でレビューがあったんで、見たんですよ。。。。そしたらまあ貧相というか、透明の袋に入ってるだけとかだったんで、同じ様な感じだろうなって思ってたから、予想外の高級感(苦笑)
IMGP1622_20170512223841963.jpg
IMGP1623_20170512223842799.jpg
印刷も凝ってるし、厚紙とかでなく。。。。何層かの硬質の厚い紙です。 金掛かってるじゃん♪だから参考価格も、あの値段なのか(^_^;) 買った値段は75%引きなんですけど。。。。
IMGP1624_20170512223844f13.jpg
緑部分がTPU製で、黒いのがPC製。出来はかなり良いと思いますよ。コピー品だと思われ方は、合わせが変だと書かれてたりしましたから。。。。(苦笑)

続いて端末の方です。
IMGP1617_201705122238354a9.jpg
本体。。。。まだカバー付いてます。
IMGP1618_20170512223836649.jpg
付属品一式。
IMGP1620_2017051222383885b.jpg
そしてピン。。。。このピンが最初付属品内で見当たらない~ってアセアセしましたよ。これケースのデザインだと思ってたσ(゚∀゚ )オレです。 コレないとSIMとSDカード入れられないし。。。。
IMGP1626_201705122238475ba.jpg
カバーを外して、本体のお出まし。。。。。両面ガラス仕様です。 軽いですね。。。。。
IMGP1627_20170512223848380.jpg
色々とセットアップして、完了ですよ。追加アプリは一部必要な物は、インストしました。問題はメールソフト(苦笑) 今回もK-9を使います。以前プッシュ受信が出来なくて、丸一日唸ってたσ(゚∀゚ )オレでしたが、今回は備忘録として書いておいた、私のブログ記事が参考になり、あっという間に終了でしたよ。ホント役に立ってます。。。。備忘録ブログ(苦笑)

ではケースと合体させましょう♪
IMGP1628_20170512223850838.jpg
きつくもなく。。。。緩くもなく。。。。当然ですがピッタリです。当然厚くなりますけど、かえって持ちやすくなって、私はかなりの好印象です♪
IMGP1629_201705122238517f8.jpg
スタンドはこの様に。。。。ある意味、便利ですよ。使わない時は畳めます。そしてその部分がフラットになります。丁度持つ手のひら部分に、このフラット面が来るんで、持ち心地がとても良い。
IMGP1637_20170512223859645.jpg
スイッチ部分も、TPUでカバーされてますけど、柔らかいので押しやすい。この部分については、他の製品だと押した感触がわかりにくいとか、押しにくいとかレビューでありましたけど、この製品に関しては、このままで使っても問題ないかと、私は思います。
IMGP1636_20170512223830194.jpg
IMGP1635_201705122238295f1.jpg
天地端子部分の位置も、問題無く。。。。。でも唯一の問題は、HTCで使ってた。。。。。。
IMGP1395_20140316171937e18.jpg
「GILD アルミ削りだしイヤホンジャックカバー」が、使えない。。。。。。orz 穴径が微妙に、違うのか。。。。。1/3入った所でキツくて入りません。HTCではスマートに入っていきましたから、確実に穴径が違うみたいです。コンマの世界ですね。
IMGP1632_201705122238262a2.jpg
厚みがあるので、カメラのレンズ部分も保護になるし。。。。カメラのレンズ部分が出っ張ってるんですよ。。。。。
IMGP1634_20170512223827398.jpg
正面画面側も、ケースの縁が高いので、画面側を下にして置いても、直接画面が当たらないのも、好印象です。
IMGP1630_20170512223823525.jpg
IMGP1631_20170512223824869.jpg
HTCとくらべて画面は、4.7→5.2と大きくなってますが、ひとまわり大きくなった感じですが、持ち難い感じは全くありません。奥さんの5.5は、実を言うと持ちにくなあって思ってましたから、今回のサイズ選びは正解でした。
それと実測してませんが、HTCに比べて軽い。。。軽く感じました。カタログ値で157グラムのHTCに対して、144グラム。13グラムの差ですけど。。。持ち比べると結構わかりますね。
カメラも400万画素から1600万画素ですし。。。。 動きもサクサク。。。。画面の文字も見やすいですよ。でも文字サイズは「中」で。。。。(^_^;) 長く愛用していけそうな、スマホです。大事にします♪

追記備忘録 5/14
K-9ブッシュ受信。。。。
今回ASUS ZenFoneでの自動起動マネージャーでの対策は。。。。。
・設定→電力管理→省電力設定→パフォーマンス
・設定→電力管理→自動起動マネージャー→該当するアプリ。今回はK-9を許可
・設定→Wi-Fii→詳細設定→スリープ時にWi-Fi接続を維持→常に接続
コレ以外にも。。。。。。設定がありました(^_^;) 追記しておきます。自分の備忘録ですからねぇ。。。。
Android 6.0が搭載されているZenFone 3では「Dozeモード」を利用できます。
これはスマートフォンを使用していない時に、特定のアプリを自動的にスリープ状態にして、アプリの実行・ネット接続、同期処理などを抑えて消費電力を抑えるというもの。
ZenFone 3ではほとんどのアプリにおいてDozeモードがオンになっているため、スマートフォンのディスプレイをオフにすると、アプリがスリープ状態に移行してメッセージアプリでは通知が受け取れないといったことが発生します。
これでは困るので電池の最適化を解除しましょう。
設定から「電池」に進んで右上の「︙」をタップして「電池の最適化」に進みます。
「最適化していないアプリ」のボックスをタップして「すべてのアプリ」を選択します。電池の最適化を解除したいアプリをタップして「最適化しない」に変更します。
多分これでOKなのかな。。。。まあ各自自分で再度確認するようにしてください。これが必ず正しいとは限りませんので(^_^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment