Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / PCX / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

突然の走行不能と改善策

つい先日、全検?半全検したんだけど。。。。もう12V全開でも動きが可怪しくなったDash 8-40CWのお話です。

もともと購入時から、ちょっと起動電圧が高すぎじゃんだったDash 8-40CWです。
↑この様に封印されてたから、モーター部分の分解整備はしません。。。出来なかったんですよ。でもまあ動くしねぇ。。。。
前記事のGP35の全検後に、走らせてみたら。。。。。あれ(^_^;) おおよそ10V程度まで上げても動きません。全開近く12V近くにすると、「ウィーン」っていう音が微かに聞こえて、どうにか動くように。。。。(-_-;) これって最初うちの電気系の問題と思いましたが、他機では問題がなくて、この機だけです。3つパワーパックがあるので、3つとも試しましたが、どれもほぼ一緒。KATOのDXが一番マシって状態でした。
IMGP3705_2018011423201646e.jpg
だから分解して、無負荷/モーター単体で動かしてみましたが、ギア部分のロスではなく、モーター自体に力が無いみたいです。回転はしますけど、2/3位ダイヤル回さないと動かないし、力がない感じでした。まさか中古モーター?なんて考えましたから、コミュテーターの汚れを確認したんですけど、それ程汚れている感じでもなく、かえって綺麗っていう感じでしたよ。もうこんなだともう動力車として使うより、ダミー動力車にしちゃう?って。。。。切り替えが大事ですよね。幸いというか。。。。アトラス機ってKATO機と比べると自重が軽いんです。だから付随車にしても問題ないだろうと言う事で。。。。
IMGP3707_201801142320074ac.jpg
モーターレス化です。。。。(苦笑)そして完成???
IMGP3714.jpg
この位置はこれから基本ですよねぇ?(^_^;)
ではではテスト走行しますかねぇ。。。。お相手は誰にしましょうか?
IMGP3713_20180114232008536.jpg
比較的自重のあるES44AC CP機にお願いしましょう。下手な動画をどうぞ。




違う機でも。。。CSX同士としますか?
IMGP3721_20180114232012217.jpg

木々の隙間から。。。。。(苦笑)


ボケボケですみません。。。カメラどうにかしないと。。。って思ってるんですけど(^_^;)
問題なく牽引して走れてます。うちはアナログだし。。。。重連での動き出しも、ギクシャクしないから良いです。 第二の人生を歩んでもらいましょう。。。。。。

ってこれで話は終わらないんです。そうそう。。。モーターなんですけどね。この時にモーターを外して、放置してたんですよ。そして今日このモーターを指で回してみたら、アレ?なにこれ。。。凄い抵抗感が。。。キツキツで回転しないじゃんという状態でして。。。
そういえば、この機って。。。。初めて入線して走らせた時と、全検する時に走らせた時も。。。。一番最初の時は、フルパワーにして、なんか飛び出す様な感じで動き出してたような。。。。。 どれだけ抵抗感があるかと言うと。。。。

最初がこのアトラス機のモーターで、軽く擦ってみてもモーターは回転しません。続いてKATO機のモーターです。最初同じ感じて軽く擦っても、綺麗に回りませんけど、動きますよね?その後もう少し重みを掛けたら、綺麗に回転します。そして再度アトラス機のモーターを転がしてみますけど。。。。同じ様に重みを掛けても全く回転しないという。。。。(-_-;) 
(ちなみにアトラスのモーターの方は、コミュテーターのブラシ等はない状態。ですから擦っている部分は無いわけです)
この後、注油やら接点復活オイルとかも用いてみても、多少軽くなったかな?程度です。それでも何度か指で回していると、段々と軽くなっては来ました。でもやはりKATO機のモーターの軽さには及びません。こんな抵抗感全開だったら、そりゃ~起動電圧も高くなるよな。。。。それに前回の全検時も、最初は走らせてるし、メンテ時も多少なりとも指で回したりしてるから、動画撮影時にはまだ回りやすくなっていたということなんでしょう。でもしばらく放置すると、また回りづらく固くなるって。。。。よくわかりませんよ。
いずれにしても、この機のこのモーターは、使い物にならないって事です。本来なら返品交換って事でしょうが、購入店さんはもう同じ物は無いし。。。。分解もしまくってますからねぇ。仮に返品できても、アメリカまで。。。。面倒ですし大変ですよ。

ということで、このDash 8-40CWは、重連運転時の付随ダミーモーター車として頑張っていただきます。。。キリッ。

んじゃ~ダミーモーター車でも、ライト点灯すればリーダー車にもなれるじゃん!!って事で、ライト取付けと台車からギア抜きをしました。
IMGP3743_20180115000801a8d.jpg
ライト基板を取付けて。。。。
IMGP3742_201801150008003c1.jpg
動輪に付いてるギア以外を、全て撤去して。。。。。
IMGP3744_2018011500080333d.jpg
こんな感じで。。。。。
IMGP3745.jpg
IMGP3746_20180115000806695.jpg
前後点灯テストも、問題なしですね。
IMGP3748_2018011500080867b.jpg
このスタイルが定番になる訳です。

スムーズな出だしですよねぇ。。。(・∀・)ニヤニヤ 
IMGP3751_20180115000758c35.jpg
次は本線で、リーダー機としての走りを見てみましょう♪

出だしスローの確認です。

リーダーとしての本線走行も、全く問題ないし~かえって良いかも? まあ重連がある程度基本形なんで、納得できちゃうんだと思います。本来なら不良品じゃ!!!!ですからね。
それとアナログ機の重連だと、性能差が出てしまい、基本近い動力性能車同士でないと、重連は話にならない世界でしたから、自分としては単機で牽引が基本と思ってましたから。。。。。これならこの機が、重連の相方をしてくれるので、どの機でもスムーズに重連走行を楽しむ事が出来そうですよ。それを考えると、こういうダミー重連用の機関車が欲しくなりますよねぇ。。。。あっ悪い虫がムズムズと。。。。(苦笑) 長文及び沢山の動画にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment