Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / PCX / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

ウェザリングマスターの固着方法?

ウェザリングで便利なこのウェザリングマスターですが。。。。。。

これってある意味、とても便利なものですけど、極端な事を言うと、粉をまぶしてる?状態ですよね。だから触るとおちてしまいます。プラモデルの情景なものなら、触る率は低いですが。。。。。鉄道模型ですとそうもいかないかですよね。 だから私も使用箇所限定的な利用でした。ですがお試しでウェザリングしたこのホッパー車なんですけど。。。。。
IMGP4282.jpg
この錆部分って、実はこのウェザリングマスターを使ってます。ですがこれって触ってもおちたりしません。というのはこの上からこれを塗ってるんですね。
IMGP4405.jpg
ブラウンと言ってもスミ入れ塗料ですから、薄いんですよ。塗って乾くと殆ど目立たなくなります。だから上記のような感じに仕上がります。この時ふと思った訳ですが。。。。このスミ入れ塗料で剥がれなくなるんなら、クリアと同じ理由で上から被せれば剥がれない。これってエナメル塗料です。その溶剤ってこの塗料のベースみたいなものですよね?溶剤は無色透明です。ウェザリングマスター使った後に、この溶剤をしっとりさせれば、固着するんじゃないの?って思いまして。。。。テストです。
IMGP4443.jpg
うちにあるウェザリングマスター(スノーは除く、使いませんから)プラのベースに載せます。 あっそうそう同じ理屈で、ウェザリングライナーも試してみましよう。
IMGP4444_201802081346067be.jpg
これはもう溶剤を塗ってます。色落ちするだろうという前提で、筆を用いて塗ってます。でも以外や色落ちしないんですね(^_^;) 粉ですからある意味流れ落ちてしまうんですが、予想よりしっかりと残ってると思います。
IMGP4445.jpg
でも欠点も露呈しましたね。溶剤の油分というか、そういうのが一部テカってます。これだとわかりづらいですね(^_^;)
IMGP4445111.jpg
ウェザリングマスターの無い部分でテカってるんで、全体的にすれば防げるのでは?って思っています。もしくは量ですかね? 全く剥がれ落ちなくなる訳ではなく、ゴシゴシ擦ったら当然、剥がれ落ちるだろうと思います。でも日常使いでは、触ることに依る障害を、ある程度防げるんじゃないのかな?って思います。 となると実際の貨車で試してみることに。。。。
IMGP4478_201802081346094c8.jpg
もう1両の未施工のホッパー車で試してみました。
IMGP4478111.jpg
こういう内訳にになります。一番色が薄いライトサンドを使ってます。
IMGP4418.jpg
もう乾いてる状態です。ひれも筆を用いて溶剤を塗ってます。色斑になるのは、筆の使い方で、ウェザリングマスターが取られてしまうんだと思います。この辺は霧吹きで使ったら行けるかもしれませんね。 この勢いでこのホッパー車、汚しましたよ(^_^;)
IMGP4485_20180208134613b24.jpg
左のは以前の。。。さらに汚す。
IMGP4486_201802081346155c7.jpg
IMGP4487.jpg
まだ乾いてませんね。結構じゃぶじゃぶと塗りたくってます(^_^;) 思ったことは、思い切ってやってしまって良いという事。綺麗に差し色いれたとか、ボディ塗装するのとは違って、使用するものを考えて使えば、後からどうにでもなるんですよ。なんてカッコイイこと言ってますけど、お値段高めの貨車だと勇気がいりますけどね(^_^;) 
IMGP4489.jpg
屋根部ですけど、当初の油分のテカリというのが、この様に光の当て方で見えてきます。このとかには、つや消しクリアとかなんでしょうけど、ラッカー系は禁止令が出てますから、また違った方法を考えないといけません。別で用いた水性塗料のつや消しクリアを使うか、ウェザリングマスターを被せるかですかねぇ。。。。。
IMGP4488.jpg
このテカリは。。。。ダメですよねぇ。
IMGP4491.jpg
そんなボディ下部はこんなです。
IMGP4490.jpg
こっちは水性塗料のつや消しです。塗料がのってる所はつや消し状態です。 勢いでやっちゃってるんで、まだ完成途中ですので、後日さらに加工していこうかと思ってます。 まあエアブラシ使えよ!!なんでしょうけど、まだ自分には敷居が高い気がしてますので。。。。いつかは導入すると思いますが、しばらくは筆でジタバタしてみようと思ってます。

※追記です。
色々と調べると、タミヤのエナメル溶剤は、ジャバジャバプラ面に塗るのは問題有りみたいです。
「タミヤエナメル溶剤はプラスチックにクラックが入る可能性が高いので、このような用途には不向きです」と、書かれているのを見かけました。 


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment