Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

ACEWELLの公道テスト1

今日、先日取り付けたACEWELLのメーターの公道テストをしてきた。

(画像の時計は狂ってます(バッテリー外したため)

先ずは失敗した事。失敗と言っても設定値を間違えたんですね。スピードの設定をする時、付属のワイヤーセンサーを利用する場合は、ワイヤー(断面は四角)が一回転する時、タイヤがどの程度動いたかを入力するのに、センサーの方法のタイヤの外周を入力しちゃいまして。。。。。いきなり約3倍のスピードが。。。。。(^_^;) 30km/hで約80km/hを示すし。。。なんで30ってわかるかって?ナビのGPSでスピードがわかります。 
これは入力をやり直して、完了しました。GPSのスピードとほぼ互角な数値を示したので、これで大丈夫でしょう。

それと走行中なんかゴリゴリと回転する振動がハンドルに伝わって来ます。さらにスピードを上げるとゴリゴリと音までするし。。。(-_-;) この感じ。。。たぶんスピードセンサー部分だなと。。。。家に戻って、センサーとセンサーケーブルを別けてみて、試走します。やっぱりこの部分でした。はめ方が悪かったのか?外して再度組み込んで、さらにセンサー本体が、ボディに直接くっついてるんで、間に緩衝材を入れて取り付けました。そうしたら全く振動及び音は無くなりました。たぶんはめ込み方が悪かったのかな?でもただ差し込んでネジ止めなんですけどね(^_^;)

タコメーターも試走スタート直後オカシイというか。。。。
キーオンするとタコの針がニードルスイープします。(インジケーターも針に合わせて点灯して、戻る時に消灯します) だけどセルを回してエンジン始動する時も同じ様にニードルスイープするんですよ(^_^;)
なんか変じゃない???? ふつうはしないよね~そんなアクションは。。。。。
それって一回電源が切れてるって事じゃないかと。。。。色々とチェックしてると始動時に一瞬メーターが消灯してるのが確認出来ました。それって、電気が足りてない? あっ!!!!原因判明(苦笑) 実は取り付けてる時にエンジン始動させないで、色々とチェックやら調整とかをするんで、初代のバッテリーに交換してたんですよ(^_^;) 一応補充電してたんですけど、やっぱり長期モノ。。。。ヘタってたんですね。もともとのバッテリーに戻したら、全くそのような動きはせず、始動の時にニードルスイープはしなくなりました。これってある意味バッテリーがヘタってきた時の目安になりますね(苦笑)
たぶんこれに連動する事だと思うのですが、バッテリーが弱いとタコメーターの動きも変になるのだと思います(これは後日試しますが)というのは、今日試走していた時に、エンジンの回転と針の動きがリンクしてない時があったんですよ。結構回してるのに、回転が低く表示されて動きもアタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタしたよな感じ。モーターも電気に頼ってるんで、たぶんそのような動きをしたのではないかな?って思ってます。
あとこれは。。。。orzっていうのがあります。これもバッテリーの弱さが原因なのかも知れませんが、インジケーターランプ類、太陽光の下では点灯してるかどうかわからない~(-_-;) 他の種類のメーターで同じように、わかりづらいと書かれている方がいましたけど。。。
今日の段階では弱ってるバッテリーが原因なのかも知れないので、後日もともとのバッテリーで走ってみて、確認してみます。それでも確認しづらいのであれば、ニュートラルだけは別体でインジケーターランプの設置ですね。分岐すればいいだけなので。。。。。(笑)
IMGP2296.jpg

これからは交換して良かったこと。
まずはメーターの見やすさ。インジケーターランプ類は見難いんですけど、タコメーターは見やすいね~(笑)
あと横のスピード関係の液晶、老眼の私でも問題なく見やすくてGOODです。
時計は便利だし、外気温計も温度計の気温と同じですから、使えますよ♪
モード切り替え用のスイッチ(左側の丸いボタン2つ)も固くもなく良い感じの押し具合い。今時期の革のグローブでも問題なく操作出来ます。自分の冬用エルクウインターのグローブでも大丈夫でしたね♪
まあその他もろもろ。。。1つにまとまっているからスッキリしているのが良い。色々とゴテゴテ追加すると美しくないんでね。そういうのが嫌いな方にはオススメできると思います。あと比較してませんが、純正メーターとこのメーターの重さ、かなり違います。軽量化にもなりますよね♪

その2に続く。。。。。(バッテリー交換後の違い、アース線交換及び新設の件、ハブダンパー交換してどうだったか?)

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment