Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

良い勉強になった。

以前のブログで書いたけど、ACEWELLの油温計をいかしたいので、センサーを取り付けられるように、センサー取付用オイルフィルターカバーを購入しました。

見た目、良い感じのですね。
IMGP2376.jpg
IMGP2378.jpg
純正のフィルターが使えて、容量が30ccだけアップするそうです。取付は交換時までお預けです。
でもセンサーの取付状態を確認しようと、センサーを仮付じゃないけど、はめ込んでみました。そうです。。。。ここから事件?事故?への序曲が。。。。。(^_^;)

IMG_0043_20130410165534.jpg
これが温度センサーです。
IMG_0040_20130410165537.jpg
これを指でメスネジ穴に差し込んで、閉めて行きます。ですが。。。この位置で止まります。
IMG_0041_20130410165536.jpg
中を見るとセンサーも顔は出してます。でもセンサーのヘッドまで、まだまだ隙間が。。。カバー側も結構奥まで溝があります。
IMG_0042_20130410165535.jpg
素人考えだとねじ山切ってあるし、普通はボルトヘッドまで行くよね?だったら工具使って締めてみるかて。。。。やめときゃ良かった。。。。orz
そんなに力入れてないのに、止まった位置からグイッて。。。。嫌な感触で半回転ほど回りました(-_-;)
センサーのボルト切った???いやいやこの程度じゃねじ切れんだろ?だったらケースか?アルミは柔らかいとは聞いてましたが、こんなににも柔らかいの?????
これはマズイよ(-_-;)って事で、外そうとしますが。。。。全く外れません。
外すのに思いっきり力を入れないと回らない。でもとりあえす回るから、外すしかないよね?。。。。。どうにか外れました。でも。。。。。。。。。。。。。。。
IMG_0047_20130410165532.jpg
あれ?なんか変だよ。。。。
IMG_0048_20130410165615.jpg
うわ~ヤマ潰してるよ。。。。って事は。。。。。
IMG_0046_20130410165533.jpg
アルミがネジ山の間に。。。。わかりますよね?コレでねじ山を潰しながら外していったって事です。
この時点でパニックですよ。。。。諭吉が。。。。諭吉が。。。。。orz

さて何故この様になってしまったかです。
このセンサー、サイズが「PT1/8」となっています。ここでよく調べれば事件は回避できたのかも?しれません。当初は一般的なボルトサイズ「ねじの呼びのM」と同じような意味だと思っていました。
違うんですね。。。。PTネジは、テーパー形状だったんです。いゃ~知りませんでした。やっぱり素人ですね(-_-;)
センサー使わない時に使用するメクラボルトが付属してるんですけど、途中で止まるようになってます。ここでもヒントがあった訳ですよ。テーパー形状だから、途中で止まるんですよね。
あとなんで、完全に締め込めると思ったか?ですが。。。。SRで同じようにこのフィルターカバーを付けてる人がいまして、カバーとセンサーネジの間に、色合いからみて銅ワッシャーが入ってるんですよ。まあドレンやら色々な事を考えると、そうしますよね? ワッシャー潰して、圧のかかったオイルの漏れを防ぐという考え。だから自分もモノが届いてから、銅ワッシャーを購入しようと思ってましたから。。。。
いまになってPTネジの件を理解したから言えるんですけど。。。その人はたぶん別のセンサーなんで、必ずしもPTネジとは限らない訳です。たぶんもう一つの商品でM10XP1.25のカバーがあるんで、そちらを使っているんだと思います。そちらはメクラボルトの件が書かれていないから、ワッシャーは必需品なんでしょうね。

まあやっちゃったものは、いくら悔やんでももとには戻りません。これをどうするかです。
こうなるとプロにお願いするしかありません。 T師匠にお願いしました。。。

早速今日行ってきました。お父様も一緒に対応して頂きまして。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)
IMG_0049_20130410165614.jpg
IMG_0051_20130410165610.jpg
IMG_0050_20130410165612.jpg
無事に復活及び取消完了です。流石プロです。素晴らしいです。
それと取り付けにはシールテープを使用しないといけません(全く知らなかった。。。。)教えて頂きました。勉強になりました。
それと完成後の画像ですが、これは本来の位置より入り込んだ状態ですので、参考になさらないように。。。。入口部分のねじ山潰してますから、このような状態ですのでね(^_^;)

このフィルターのアルミ材ですが、かなり柔らかいそうです。「この程度の柔らかさなら、◯◯さん(私の事)がやってしまったのもわかる」って。。。。。(苦笑)
同じようにACEWELLのセンサーを取りける方がいましたら、注意してくださいね。締め過ぎに注意です。結構簡単にいっちゃいますからね。シールテープも忘れずに~

でも本当に復活出来てよかった。コレで無駄にしないで、油温測定が出来るようになります。
T師匠ならびにお父様、修正作業本当にありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment