Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

軋み音対策

うちのGTIは、2007年モデル。購入して6年ですが、色々と軋み音がします。
低速走行時、凸凹や曲がる時にです。大抵はこの部分が擦れるので、保湿させれば大抵は治ります。前車のオメガは、良く鳴いてましたからねぇ~特に開口部部分が原因。この部分からなんで、処理すれば鳴き止みました。

IMG_0043_20130625124351.jpg
同じようにGWの時に、鳴き止め施工(矢印部分)したんですけど、完全には止みませんでした(施工部は解決)。それだけ至る所から「キュッキュ」、「ギュッギュッ」や「グッグググ。。。」って音がしてるって事です。
(純正状態でない車両なんで、こんな物って思って乗ってますから。。。。結構無頓着でもあるんです。だから思い立った時に対処する訳(苦笑))
この施工後、音の発信源は前方と後方です。後方は開口部の処理で鳴き止むと思ったんだけど、よくよく思い出すと2種類の音がしてたんですね。。。。残ってる音は、曲がる時に出る「グッグググ。。。」って音。怪しいのはトノカバーとリアシートの背もたれです。先日タイヤ交換で、タイヤを積載して出かけた時に、無音だったなぁ~ということで、再度同じ状態(タイヤ積載無し)で、走ってみたら。。。。全くの無音。だったらこの状態にすればいいのかぁ~ってね(笑) 最近は家族全員で乗ることも少ないし、2シーター状態でも良いんです。でも出先で後席に人を乗せたりすることもあるだろうし、その時はトノカバーで塞ぎたいだろうから、降ろさない方法を!!!って色々と試行錯誤してたら。。。。。IMG_0048_20130625124438.jpg
トノカバーがピッタリ納まるし。。。なんかイイ感じ。
IMG_0049_20130625124438.jpg
もしかして、もともとこのようにして使う様になってるのか?って思うぐらいです(もしかしたら取説に書いてあったり。。。)
IMG_0047_20130625124438.jpg
先日も普通に使用してましたが、全く外れる気配がありません。わざとハードにブレーキさせてみましたが、それでも大丈夫でした。一応吊り下げの紐を、背もたれのフックに引っ掛けてあります。
でも急ブレーキ時には、この部分の積載物が飛んでくる可能性は大なので、もっと対策を考えないといけないですね。
あとこの状態だと、マフラー排気音が大きく聞こえますよ。意外とシートとトノカバーは遮音効果があるって事です。

次は前方です。段差を超える時にゴムの軋み音がするんで、アッパーマウント?あと曲がる時も、似たような音なんで、スタビのマウントゴムか?とか色々と思い巡らせてましたが。。。。再度音の質というか特徴を検討してみたら、比較的軽い感じの音なんですね。重量物が絡む感じではない。。。。よくよく考えると、一箇所~開口部と似たような物を使ってる所がありましたよ。。。。。ボンネットの所にね。
IMG_0041_20130625124352.jpg
この部分に鳴き止め対策をしてみたら。。。。。ビンゴ♪
全く鳴らなくなりました。この部分とカーボンボンネットの部分が擦れて音を出していたみたいです。

これで現在は軋み音は、全くありません。ウルサイのはタイヤのロードノイズだけです(苦笑)
同様に音がするなら、上記の箇所を疑ってみると良いですよ。

追記
異音は殆ど無くなりましたが、1つだけ残ってました。サスが伸びた時に「ぐふぅ」って音がします。高速時はロードノイズに消されて聞こえませんが、低速時に時々聞こえます。これはもうアッパーかスタビブッシュ?それとも各部アームのマウント系ですかね? 他の異音と違って、出たり出なかったりなんで、様子見です^^;

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment