Diary of self-employed

MKV GTI / SRX / Gemma / Bike / Slotcar racing / Model railroad / etc

今日も走って、その後メンテ。

昨日はSRXを走らせたんだけど、今日も走りたくなったんでSRX? でも奥に収納しちゃったから、ジェンマで走ってきた。この間の事件から、オリジナルのショートスクリーンなんだけど、やっぱりロングの方が良いというのがわかった。私の使用しているヘルメットだと、口~顎の部分は露出してます。以前のロングスクリーンだと風圧があまり気にならなかったんだけど、ショートだと直撃。小さいながらも、それなりに効果はあるだよねぇ~(笑)
(他のビッグスクーターみたいな効果を、期待してはいけませんよ(苦笑))
ということで、再度ロングスクリーンを取り付け事にした。今回はメーカーのオリジナル施工方法通りに、オリジナルのショートスクリーンの上に貼り付ける方法にしてみた。
IMGP2639.jpg
透けるのが嫌なので、ブラック基調の両面テープを使用します。グレー系は目立ちますよ(笑) 前回の残りを使用したんだけど、業務用じゃないから。。。残量少ない。ギリギリ足りた^^; 今回はこのようにガッツリ貼ったんだけど、黄緑の矢印のテープは不要っていうのが、後で判明します。
IMGP2640.jpg
貼り付けてから裏側から見ると、隙間があるんですよ。赤い矢印の両面テープは、上の画像の同じ赤い矢印の物。もう緑のは剥いでしまったから無いんだけど、全くスクリーンに当たりません。接着した状態で、剥ぐ事が出来るんだから、結構な隙間って言うことがわかるでしょ?最初の画像の左右端のテープには、接着してます。
最初のオリジナルショートスクリーンを外して取り付けた時は、この黄緑矢印のテープもキチンと貼りつています。ショートスクリーンの曲率とロングの曲率は違うって事ですね。
また前みたいにやろうかと思ってますが、ブラック系の両面テープが無いんで、仕入れた時にやり直そうとおもいます。
IMGP2542.jpg
これは前回の両面テープ跡だけど、真ん中が無い。今回貼ってみて、この部分が結構大事っていうか、一番当たる位置というのがわかったんで、次回やり直す時は、この部分を忘れずに両面テープを施工しないとね。
今現在かなり強力に貼り付いてるんで、たぶん大丈夫でしょう。。。。たぶんね^^;

あとジェンマのターンスイッチなんだけど、戻す時/オフにする時、引っかかるというか、押しこむのが非常に渋い。今日特に酷かったんで、対策してみた。
IMGP2638.jpg
対策っていっても、滑りを良くするだけの事。ばらしてみたら、この金属部分にはグリスが塗りたくってあったけど、肝心な下側のプラ部分は全くドライ(苦笑)
余計なグリスは、汚れのもとだから綺麗に拭きとってから、シリコン系潤滑剤を吹き付けました。その後のは全く問題なし。気持ち良くスイッチを押し込めます。グリスが無いんで定期的にメンテは必要ですけど、この良いタッチはたまりませんね。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment